スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷で買い物。

こんにちは。
朝の業務開始時間が変わったので、今まで朝やっていた更新はお昼になりそうです。

昨日のお休み。
渋谷まで出かけて某大型テニスショップまで出かけてシューズとウェアを少々買ってきました。

都内屈指の品揃えで良い店なんですけど、ちょっと学生が多くて混むのが難点。でも昨日は空いていましたけどね。

お目当てのアディダスのシューズを見ると、タイミングよくバーゲンやっていたのでそれを購入。安く済んだのでTシャツとショートパンツも買ってきました。

んでもって、店内でこんなシーンに出くわしました。
初心者ぐらいかな、と思わしき主婦っぽい方が、
「サイズはこれでちょうど良いと思うんだけど、なんかこれ、履き心地が硬いわねぇ」
「ん~、こっちは柔らかい感じがするけど…」
「で、結局どっちがいいのかしら?(^^;)」
…なんてショップのにーちゃんを捕まえて質問していたのです。

ふむふむ。最もな質問だなぁ、と思い、
「一体このにーちゃんはどう返答するのかな?」
…と他の商品を物色しつつ耳を傾けていると、

「いや、お客様、それはもう、好みとしか言いようがありません」
「好みの範疇がありまして、どちらが好きかで皆さん選ばれてますね」
…なーんて言ってました。
甘いなw
にーちゃん、ぶっちゃけそれじゃショップ店員は務まらんぜ。

     ◆◇◆

タクマ的シューズ解説をちょっと。

履き心地が硬い、って事は要するにシューズ全体がガッチリ丈夫にできているわけです。
だからハードな競技レベルのプレイでもある程度耐久性が期待できるし、サポート効果も高いので、捻挫などの危険を回避しやすくなります。

反面、硬いと動き出すのにはパワーが必要ですし、丈夫なシューズは重量も重いので、スタミナ面で負担となります。

柔らかいシューズはその逆で、動き出しが楽になりますし、マメができたりすることも少ないでしょう。
反面ハードなプレイ中にはシューズの中で足がずれて捻挫しやすくなったり、耐久性が低く、すぐ壊れてしまうかもしれません。

あの女性は50代半ばぐらい、初心者的な感じだったので、多分柔らかい履き心地のシューズを勧めてあげれば良いのになぁ、なんて思いましたけど、余計な口は挟まずその場を立ち去る僕なのでした。

もちろん上級者の男性でも柔らかいシューズの方が好き、という方もいますけどね。
絶対ではありませんが、シューズにも男性向き、女性向き、初心者向きなどがあるのです。
ちょっと皆さんも気にしてみると面白いですよ。

     ◆◇◆

渋谷で一枚パチリ。

P9073097-efs_R.jpg

陸橋の上でカメラを固定して撮影。
もうちょっと待つと夕焼けになりそうだったけど…なんかダルイのでパパッと帰宅しちゃいました。

地元の公園で月の撮影。
P1050961-efs_R.jpg

三脚で固定して撮ったのですが、望遠レンズを向けてアングルを固定すると、意外なほど月が速く移動するのに驚きます。

ビシッとピントを合わせているのになにかもやーんとしちゃうのは空気が湿気を含んでいるからだな、とおもって数枚撮って昨日は断念(^^;
また今度頑張ります。
あああ…1000mmぐらいの超望遠で撮ってみたいなぁ。

ライター買い替えました。

P8312994-e_R.jpg

ジッポーじゃないと気分でないんですよねー。

ではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Takuma

Author:Takuma
中学、高校まではソフトテニスやってました。
そのせいか(?)やっぱりストロークは得意ですw
コーチ歴は20年を超えてしまいました。早いですねー。
使用ラケット:HEAD "YouteK Prestige MID"(G3)
使用ストリングス:Luxilon "Timo 110"
テンション:48ポンド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランダム電光掲示板 ver.なめらか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。