スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『辺境警備』~紫堂恭子著~

こんにちは。
今日は思い切り趣味に走って好きなマンガの話。

ご紹介するのは、

『辺境警備』 
著:紫堂 恭子


516VF048SHL.jpg

img00083776448.jpg

…という作品。ちょっと画像を載せるとある意味すごく強烈に感じるかもしれませんね(^^;
絵柄をみるといかにも「少女マンガ」ですが、実は男性でも違和感なく読める名作です。

辺境地域《ルーマ・カール》に警備隊長として左遷されてきた「隊長さん」と、そこで出会う「神官さん」の二人を中心としたハートフル・ファンタジーです。

そして黒呪術師の《マスター》である「カイル」と、同じ顔でお豆ちゃんとも呼ばれてしまう可愛らしい「兵隊さん」たちと繰り広げるほんわかとした物語が心をとても暖めてくれます。

この作品はファンタジーと言っても、「剣と魔法の世界の戦乱絵巻」という感じはあまりしません。
辺境の心温まる田舎暮らしの中に、少しだけ幻想的な要素が盛り込まれている感じで、あまり状況説明も必要とせず、すんなりとこの世界になじんでいけます。

物語の前半は一話完結のオムニバス形式で進み、後半から神官さんの過去にあった悲しい出来事を中心としたシリアスな物語に繋がっていきます。

また全編とおしてギャグとシリアスの使い分け、書き分けがはっきりしていて読みやすいですね。

ついこの前の休日、なんとなく久しぶりに読み返してみたのですが、これがまた、やっぱり面白いんですわー。外伝も含めて全部で6巻を一気に読破してしまいました。
初めてこの作品に出会ったのはもう10年以上前ですが、なんと作者の紫堂恭子のこれがデビュー作なんです。そうと思えないほどの完成度がすごい。

     ◆◇◆

…都で女がらみで失脚し、左遷されてきた隊長さんはどうしようもない大酒のみのぐーたらで、でも実は人生の酸いも甘いもかみ分けた誰よりも頼りになる渋い中年だったりします。

かっちん玉で融通がきかず、一生懸命に村の人たちに協力している神官さんは実は過去に悲しい事件に巻き込まれ、大切な友人を失ったことで心を閉ざしていたり。

黒呪術師のカイルは意地っ張りだけど誇り高く、近しい人たちをとても大切に思って危険に立ち向かいず守り通します。

なんにも考えていないような兵隊さんたちは、実は誰よりも純粋で、まっすぐな心をもっている…そんな人間ドラマなのです。みんなが心温かく、善良で、そしてとても優しいのです。

読んでいて「人」が好きになる、そんなお話ですよ。
人生色々あるけれど、そう悪くないよ、と隊長さんが無言で語りかけてくるような気がするのです。

ちょっと疲れたり、心がざわついた夜に…暖かいコーヒーでも飲みながら読むときっと疲れを癒してくれること間違いナシです。

古いマンガですけど、文庫版もありますので是非一読を。
紫堂恭子のほかの作品では『グラン・ローヴァ物語』というのもありまして、こちらも名作です。
機会があればお話したいですね。

ではまたー。
スポンサーサイト
プロフィール

Takuma

Author:Takuma
中学、高校まではソフトテニスやってました。
そのせいか(?)やっぱりストロークは得意ですw
コーチ歴は20年を超えてしまいました。早いですねー。
使用ラケット:HEAD "YouteK Prestige MID"(G3)
使用ストリングス:Luxilon "Timo 110"
テンション:48ポンド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランダム電光掲示板 ver.なめらか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。