スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライジングストローク

タクマです、こんばんはー。
今日は更新が遅くなっちゃいました。ごめんなさい。

今日のお題は『ライジングストローク』です。
今やテニスのスピードアップは目覚しく、ラケットも軽く、ボールも楽に飛ぶようになって来ました。それこそ10年前とは雲泥の差があります。もちろんそれはプロや上級者だけの話ではなく、初心者でもボールが速い人がよく見受けられるようになりました。

自分が速いボールを打てるかどうかではなく、周りがスピードアップしているのは事実ですから、それを返す必要はあるのです。

「ボールが上がってくる(ライジング)ところを打つ」事にも早い段階からチャレンジしてくださいね。

例によって最初にポイントをまとめます。

----------------------------------------------
①素早くテイクバックする(上体のターン)
②ラケットヘッドをバウンドにあわせてダウンする
③軸を崩さず身体を回転させる
----------------------------------------------

実は普通のストロークでも、ライジングでもフォーム、スウィングに変化はありません。タイミングが違うだけなんです。ですからポイントになる要素は普段のストロークと一緒なんですね。

①について。
速いボールをきちんと返球する為には当然ですが素早く準備(テイクバック)を完了させておくことが大切です。これさえできていれば後はもう上手くできたも同然。

素早くテイクバックを終了させる為には「ラケットを引く」のではなくて「上体を素早く捻る」と上手くいきますよ。腕とラケットを後ろにひいてから、それから身体を横に向けてしまうと、時間はかかるしテイクバックも過剰に大きくなりすぎる傾向があります。
ポイントは「腕を引くんじゃなくて身体を捻る」これです!

②について。
通常通り下から上にきちんと振り切ること。
相手のボールが速いからといって、当てるだけで弱弱しい返球になっては意味がありません。時間的に余裕がなくてもきちんと下から上に振り切って、パワフルな返球ができるのが理想です。

打点に向かって腕とラケットは肩を支点にして「振り子のように」振ります。

この振り子の1番下がっている瞬間(ラケットダウン)が目安としてバウンドと同時ぐらいが良いですね。
ポイントその2「バウンドにあわせてラケットダウン」

③について。
相手のボールが速いと当然ですが打点が遅れてしまいやすいです。
打点が狂わない為にはスウィング中、身体の中の回転の中心軸がぶれないことが大切ですね。

特に力のない女性の場合、ボールに負けないようにと無意識に体全体がボールにむかってずれながらスウィングしてしまうケースが多いので注意してくださいね。

感覚としては足をしっかり止めて打つこと。
目線は打点に残して、スウィング中動かさないと軸が安定しやすいです。

ポイントその3は「止まって打つ・インパクトから視線をはずさない」
って事かな。

写真はK晴コーチですね。
タイミングよくライジングで打っています。
特に彼の場合、姿勢がよく、体が真っ直ぐに起きていて、体が綺麗に回転しているのがいいところです。
参考にしてください。

ではまたー。










kazuharu-rizing2.jpg

スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Takuma

Author:Takuma
中学、高校まではソフトテニスやってました。
そのせいか(?)やっぱりストロークは得意ですw
コーチ歴は20年を超えてしまいました。早いですねー。
使用ラケット:HEAD "YouteK Prestige MID"(G3)
使用ストリングス:Luxilon "Timo 110"
テンション:48ポンド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランダム電光掲示板 ver.なめらか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。