スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼きそばと昭和記念公園

ってことで今日も更新がんばります(*^-^)/~♪

昨日は立川の昭和記念公園に散歩しつつ撮影に出かけてきました。
久しぶりに天気が良くてすごく気持ちいいので、こんな日はゴロゴロするのが好きな僕でもさすがに、
「もったいないなー!」
…と思うのです(^^)。

公園に入る前にちょっと腹ごしらえを…と思っていると駅中のコンコースになにやら行列が出来ている店があるので気になって覗いてみました。
NagaYakisoba.jpg

『長田本庄軒』

…焼きそば専門店だそうで、名物は
『ぼっかけ焼きそば』だそうです。

efced0c1c786a6214c2d739c9d6cd070.jpg

「ぼっかけ」とは牛筋とこんにゃくを角切りにして煮込んだものらしいのですが、あまりよく分りません。
僕はオムレツで包んだ「ぼっかけオム焼きそば」を食べましたけど、なかなか上手かったです。
面が太くてまっすぐでモチモチしていてパスタっぽい食感で美味しかったです。
500円前後の値段であれなら安いと思いましたね(^^)。

おなかが膨れたところで昭和記念公園へ。
だだっ広い園内は汽車の形をした巡回バスが回っているほどで、徒歩でとてもじゃないけど全部を回る気がしないほど。

時々来るんですが季節ごとに色々な草花が咲き乱れ、目に楽しい公園なのです。

DSC06099_R.jpg

桜は残念ながらまだまだでしたけど、チューリップが綺麗に咲いていました。
ポピーも満開でまるで空中に綺麗な色の泡が浮いているように見えました(^^)。
菜の花も一面に咲いていて見事でしたよー。

DSC05985_R.jpg

P1020535_R.jpg

P1020584-e_R.jpg

2時間ほどかけてあちこち回って撮影。
自宅にもどってデータを確認して、ある程度選別してプリントしていつもの店に持っていきました。
マスターや常連さんにもみてもらって、あーだこーだと批評をいただきました。
写真好きの目線と一般(?)の方の判断基準って違うんですよねぇ。
僕にとっては、
「んー、ちょっとイマイチだなぁ」
…と思うものが好きだといってくれたりするので、素直な意見をもらえると勉強になるのです。

「でもたくちゃん、お世辞じゃなくちょっと腕前上がった気がするでー」
…と言ってもらって嬉しかったなぁ(^^)。

因みにマスターはこれが好きだそうです。

P1020897_R.jpg

サギかな?
波紋が綺麗だなー、とは思うんですけどね。

僕はこんな感じでぼやーっとした表現を好みます。

P1020642_R.jpg

ではまたー。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

錦織の受賞と肘のケア

というわけでまたまた更新。
出勤日には基本的に何かアップするつもりです。
時間がお約束できないのが心苦しいのですが、宜しくお願いします(*^-^)b。

「あっちの掲示板」でも書きましたけど、錦織圭がATPの2008年最優秀新人賞に選出されました。

oth0903261232008-p2.jpg

これって凄いことなんです。現実に戦うほかのプレーヤーから、
「あいつは凄い!」
…と認められたって事なんですね。
価値ある賞に選ばれたと思います。

昨年シーズンが開幕したときは281位だったランキングが2月のデルレービーチで予選から勝ち上がっていきなり優勝。ニュースでも大々的に報じられ注目を集めます。

85409951.jpg

全米オープンでは世界4位のフェレールを破り、ストックホルムではベスト4まで行きました。
特にベルディフとの試合では鳥肌が立つようなすばらしいテニスを見せてくれました。
世界トップ10の選手を圧倒できるテニスを錦織は出来るのです。あのときのベルディフの、
「一体なんなんだ、コイツは!!」
…と諦めてしまったような表情が忘れられません。

     ◆◇◆

その錦織ですけど、肘の具合が本当に心配です。
肘の痛みは僕も何度か経験があるのですが、本当に痛いときは物を全く握れなくなります。
人間の身体は痛みを無意識にかばってしまいますから、今度はその周りも連鎖反応的に痛み出します。酷いときには腕全体がカチカチになってしまうんですね。

多分錦織もインディアンウェルズのマスターズやデビスカップの対中国戦で相当無理を押して出場したんだと思います。

「去年デルレービーチで獲得したポイントを失ってあせっていた」
…というコメントもありましたし、せっかくエントリーできたマスターズシリーズの大会を欠場するのは勿体無い、という気持ちも理解できます。

でもここは思い切った休養が必要だ、と判断して全仏まで6週間休養とリハビリにあてるという判断を下したのはきっと長い目で見るとプラスになると思います。

肘はねー、癖になるんで厄介なんですよ。
痛みが取れて、もう大丈夫かな、と思って全開でプレイするとまた痛み出して、またダメで、悪いコンディションの中でよい試合も出来るはずはなく、ランキングもずるずると下がってしまう悪循環に陥ることはよくあるのです。

早くよくなって元気な姿を見せて欲しい、すばらしいあのテニスをまた見たい、という気持ちと共に将来を大切にして長く活躍できるように気をつけて欲しいです。本当に。治っていないならフレンチオープンもスキップしてもいいと思います。

周りのスタッフも良い人たちがついているとは思いますが、信頼できるコーチをそろそろ専属でつけて、しっかりマネージメントしてもらう必要もあると思います。
確か今は個人契約のフルタイムコーチはいないんですよね。
錦織はクレバーなプレーヤーですから、ある程度自分を管理して、ゲームも自己分析して出来る選手です。
でもまだ何と言っても経験不足ですし、フェデラーがコーチ不在なのとは分けが違うはずです。

良い出会いがあるといいんですけどね。

     ◆◇◆

スクールに通う皆さんも、ちょっと肘に痛みが出たら気をつけてください。
痛みがさほど酷くないうちにしっかりアイシングして血行を促進。疲労性物質を流してしまうのが経験上一番効果があります。あれこれ病院に行くよりも、
「何はなくともアイシング!」
…これが鉄則です。面倒に思うかもしれませんが、楽しいテニスが肘の痛みでつまらなくなってしまうことの方がよほど勿体無いです。

インドアにアイシング用品もありますし、氷もふんだんにありますから、是非活用してくださいね。

P1020178_R.jpg

テーピングやサポーターも確かに効果的です。
でもアイシングもしないでプレイ後にケアしないのは絶対良くないです。
手首や肩の痛みも同じです。
気をつけていつも良いコンディションでプレイしたいですね(^^)。

     ◆◇◆

前々回にアップした、
「フォアハンドストローク・グリップのワンポイント」ですが、レッスンでも何人かの方に提案してみたところ、いきなりラケット面がしっかり安定したり、トップスピンの回転量が増えたりして非常に効果的なケースが多々ありました。

初心者のときに習ったイースタングリップ。
確かに最初の導入としてはいいんですけど、関節の向きや可動範囲は個人個人で絶対に違います。
最初に習ったグリップに固執しすぎないで、自分に最適なグリップになるように微調整していきましょう。

分らないことがあったら聞いて下さいねー。
来月はバックハンド編でグリップを色々紹介したいと思ってます。

ではまた。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

「確率高くボレーヤーの足元に沈めるには?」

というわけでまたまた更新がんばます。

昨日は100件を越えるアクセスがあってカウンターを見てビックリ。
「やっぱり技術コラムっていいのかな?」
…とも思うのですが、毎回そっち系なのも僕が厳しいかもw

とは言いつつテニスコーチが本職の僕。ええ。ネタは豊富にございますとも!
ってことで今回のお題は「安全に足元に沈める」です。

僕の担当クラスで中級以上では「ボレーヤーの足元に沈めるショット」をトップスピンの活用として練習を続けています。「ディンク・ショット」とも言いますね(^^)。
本来トップスピンは強く打ってもボールが沈む性質を持ちますから、こういう場面でこそ最も有効なのです。

で、ですね。
「ボレーヤーの足元に沈めよう!」
…と強く念じるあまり、ボールの軌道をネットスレスレにしてしまう方が多いのでその点でワンポイントアドバイスを。

足元に沈めるボールだけに限らず、サーブ、ボレー等全てのショットに置いて、
「ネットの上にどのぐらいの高さで打つか」
「軌道の頂点がどの辺りになるのか」
…を意識することが大切なのです。
ボールがどんな軌道で飛ぶのか、より詳細なイメージを持って練習しましょう。

DSC05394_R.jpg

特にボレーヤーの足元を狙う場合は、ボールをバウンドさせる地点を強く意識するあまり、ボールをどのぐらいの軌道の高さで打つのかを忘れてネットミスをしてしまうことがよくあります。

ここでちょっと深く打つケースと比較して考えます。
ストローク同士のロングラリーで、深くつなごうという場合は最低でも「ネットの真上1m」程度は狙って打ちましょう。ベースラインにお互い立ってラリーする場合、二人のちょうど中間地点辺りにボールが飛ぶ三次元曲線の頂点があるはずです。ネットの真上1mにイメージ上の的を思い浮かべてそこを狙う感覚ですね。

しかしボレーヤーの足元に沈めるケースにおいてはそのボールが飛ぶ軌道の頂点がネットよりも手前になるはずなのです。
イメージとしてはネットの1m手前ぐらいに頂点があって、そこからボールが落ち始め、実際にネットを越えるころにはボールは落下している状態になれば、サービスラインにいるボレーヤーの足元には簡単に沈んでくれるはずなのですね。
ある程度のトップスピンを与えれば浮いてしまってボレーで叩かれることは殆どなくなると思います。

ディンクショットの軌道イメージチャート2

言葉で色々話すとめんどっちいのでw
上の図を参照してください。
分ってもらえるかな?
僕はこんなイメージで打ってます。

一般の方で良くあるのが、
1、「沈めることばかり考えて直線的に落下点目掛けて打ちネットしてしまう」
2、「ネットスレスレを狙ってミスを多発する」
3、「強く回転をかければ沈むはずだと信じて、ただひたすら思い切りボールをこすりコントロールを失う」
…ってパターンが代表的。3番は男性に多いかな。

DSC05880_R.jpg

確かに回転は強くかかっていた方がいいし、ネットスレスレの方が相手も取りにくいのは確かですが、ちょっと「目標設定」が厳しすぎます。

いつもオンラインスレスレにハードヒットを繰り返してもミスを多発してしまうのと一緒。
人間は精密機械じゃありませんから必ず誤差を生じます。
その誤差を予め想定して、ミスの許容範囲のある目標設定をしなくてはいけないのです。

DSC05894_R.jpg

「ネットの手前に頂点を設定して打つ」
「軽めの順回転」
…ってイメージで打てば安全に足元に沈みます。じっくりチャンスを待てるようにすれば並行陣の相手にもいいようにやられたりしなくなりますよ♪

ではまたー。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

フォアハンドのグリップ・ワンポイント!

という事でマメに更新。
こっちのページは写真がいくらでも載せられるのである意味楽ですねー。
今日は技術的なコラムでいってみまーす(^^)。

今月のレッスンテーマはグラウンドストローク。
トップスピンをかけてショットを安定させることをメインに練習してますが、どうでしょう。上手く打てるようになってきましたか?

フォームを改良したり、色んなポイントがありますけど、今日はフォアを打つときのグリップについてワンポイント。

暑いグリップ(ウエスタン寄り)だとトップスピンがかけやすく、薄いグリップ(コンチネンタル系)だとスライスが打ちやすいのは基本知識ですが、例えば薄めのグリップの方がスピンを多くかけたい、と思っても一度なじんだグリップを変えるのは大変です。グリップに応じてからだの使い方、ボールとの距離感が決まってきますから、それを一度全部捨てて新に覚えなおすには大変時間がかかるものです。

インドアのコーチたちも色んなフォームでフォアハンドを打ちますが、グリップの違いがフォームの違いの根っこになっているのですね。

DSC05262_R.jpg

DSC05306_R.jpg

DSC05618_R.jpg

DSC05622_R.jpg

特にフラット系でテニスの基礎を固められたベテランプレーヤーの方なら、
「今っぽくスピンで打ちたいんだけど、なかなか直せないんだよねぇ」
…なんて思うことは多いんじゃないかな。

そこで僕なりのワンポイントを。
まずグリップの握りの長さ。
皆さんはグリップを握るときにグリップエンドをどのぐらい残して握りますか?

P1020134_R.jpg

短めに握ると手のひらとグリップの接触面積が広くなりますからガッチリと固定しやすくなります。面が安定するので、
●コントロールの向上
●フラット気味の厚い当たりで打てる
…というメリットが発生します。

P1020135_R.jpg

逆に長めに握ると手の中でグリップエンドを支点にラケットヘッドを回しやすくなりますので、
●ラケットヘッドのスイングスピードが上がる
●ヘッドダウンしやすくなるのでトップスピンの回転量を増やせる
…ということがしやすくなります。

次のファクターとして人差し指。
「人差し指と中指の間は1センチぐらい空ける」のが基本とされていますが、ここにもちょっと工夫の余地があります。

P1020136_R.jpg

「人差し指を中指とくっつけて握る」と手の中でグリップがしっかり固定されます。ゲンコツを握り締めるのと男同じですから当然ですね。そうすると、
●ラケット面が安定する
●ラケットヘッドがスイング中下がりにくくなるので厚い当たりで打てる
…という傾向が出てきます。

P1020137_R.jpg

反対に「人差し指を中指から大きく空ける」と、
●グリップを柔らかく握れる
●ラケットヘッドがスイング中下げやすくなるので回転量の多いトップスピンを打ちやすい
…って事になるのです。

グリップの握りそのものを大きく変えるのは先に述べたように大変な時間を必要とします。
でもちょっと握る長さを調節したり、人差し指の付け方を工夫するぐらいならあまり苦労しないはず。

女性でよくあるパターンで「握力が弱く、リストがグラグラしやすい」方は、
◆グリップを短めに握る
◆人差し指は中指とくっつける
…ようにすると、ラケットそのものが軽く感じますし、面を固定しやすいのでこちらのパターンがお勧め。

男性でよくあるパターンで「そんなつもりないのに無意識に力んでフラットの大アウトになってしまう」方は、
◆グリップを長めに握る
◆人差し指は中指から広めに空ける
…と、リラックス効果とラケットヘッドが下がることでスピンがかかってアウトを減らせると思います。

ちょっとお試しあれ。
分らなかったら聞いてみてくださいね。
ではまたー。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

菜の花とマンガとか

というわけでこっちもちゃんと更新。
日に日に春っぽくなってきましたねー。

今朝は出勤途中で菜の花が綺麗に咲いていました。
生憎の曇り空だからちょっと光が寂しいので明るく補正して撮影。

DSC05950_R.jpg

DSC05957_R.jpg


こんな感じですが、春を代表する草花として人気があるみたい。
かわいらしい色合いと形ですよね。

今週の金曜日には久しぶりに鎌倉まで足を伸ばして撮影に行ってくるつもりです。
年に1~2回は行くんですが、好きな街です。歴史を感じたり、山の景色を楽しんだり、ちょっと足を江ノ島方面まで伸ばすと海を楽しめたりと飽きません。

鶴岡八幡宮に行って、建長寺を回って、それからどうしようかな。
お勧めの場所があったら教えてください(^^)。
こうやってどこに行こうか考えてるのも楽しみの一つなんですよね。

     ◆◇◆

「本の虫」でもある僕。ジャンルを問わず色々読みますが、漫画では吉田秋生の大ファンです。
名作『BANANA FISH』でハマリ、あらゆる出版物を読み漁りましたねぇ。

作者が女性ですから、一応少女マンガに分類されてますが、ガッチリとした体つきの描写でどっちかというと少年漫画に近いようなキャラクターを描きます。

アクションものも多く、科学的な考証も交えたストーリー作りは非常に読み応えがありますし、しかも女性特有の心理描写の細やかさ、暖かさが聞いていて、大人の男性が読んでも楽しめる作品が多いと思います。

1.jpg

2.jpg


絵柄はこんな感じ。
見た目で判断しないで読んで欲しいな、と思う作品です(^^)。

僕は『夢見る頃をすぎても』とか『ラヴァーズ・キス』あたりも好きですね。
最新作の『海町diary』も鎌倉を舞台にしたヒューマンタッチの作品でジーンときます。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

こんんばんは。
今日の更新は色々あって夜になってしまいました。

     ◆◇◆

世界のテニスでは〔BNPバリパオープン〕で男子シングルス準決勝が行われ、イギリスのマレーがフェデラーにフルセットで勝利しました。決勝はロディックをストレートで倒したナダルとの対戦です。

85545579.jpg

マレーは昨年の全米オープン決勝でフェデラーに敗退していますが、その後連勝し通算でも6勝2敗と大きくリードを広げました。

うーん。
本来の調子のフェデラーなら、マレーのような直線的な軌道のストローカーは楽勝していたはずなんですけどねぇ。勝ちっぱなしのフェデラーばかりではつまらないので、以前はナダルを応援する気持ちが僕は強かったんですけど、こうなってくるとフェデラーがなんだか可哀想な気にもなります。

フレンチ、ウインブルドンとテニスシーズン本番が控えている今、今後どうなるのか非常に気になります。
このままずるずると負けていくフェデラーは見たくない。
なんとかまたナンバーワンに返り咲いて欲しいな、と思います。
キーワードはネットプレイですね。きっと。

     ◆◇◆

昨日の僕は仕事を終えてちゃっちゃと帰宅。
地元の〔いつもの店〕では先に友達が飲んでいました。
他の常連さんからカップケーキの差し入れをいただいてパクパク。うー。ちょっと甘かったかなw

11時ごろまで楽しく飲んで、歌って大騒ぎでしたが、土曜日は4時半起きの僕。ウトウトしてきたので無理せず早めに帰宅して寝ました。

うーん。久しぶりにまともな大人の判断w

最近は3~4時間周期で目が覚めてしまう癖がついて、安眠できなくてちょっと困っていたんですけど、昨日は久しぶりに朝までぐっすり。ノンストップで目覚めがすっきりしてて気分が良かったです。

     ◆◇◆

今月の中級以上のクラスはグラウンドストロークがテーマになっています。
トップスピンをかけてより安定したストロークが打てるように、またより細やかなコントロールを身に付けられるように頑張っていきましょう。

今日のワンポイント。
「打 点 を 前 に す る こ と 」
…が大切です。

フォアハンドは横向きになってテイクバックしたときに、当然ですが右肩(右利きと想定して話します)が身体の後ろに来ます。

インパクトの前に身体を前向きに回して右肩を前に送りましょう。
右肩よりも打点を前に取れれば、腕は振り子運動で「自然に」下から上に上がって行きます。

後はインパクトの面がきっちり地面と垂直になっていれば、特にリストを使ったりしなくてもトップスピンが打てるのです。

「自然にトップスピンがかかる」ってのが大切ですね。
身体が充分に前向きにならず、打点が身体の横になった場合、腕力が強い人でも腕は上に上がりにくくなります。フラット気味になってしまいそうになるのを無理にリストをこねてトップスピンをかけても、安定したショットにはなりません。

「押し」が足りないから、回転はかかるものの弱弱しいボールになりがちですし、無理してリストを使うことは、長期的に見て手首と肘に負担をかけます。

打点を前に取ることを大切に練習してください。
テイクバックを早くして、身体を柔らかくまわせるように。
ボールの弾み具合を正確に予測して差し込まれないように。

写真は浅野コーチ。

DSC04533_filtered_R.jpg

DSC04534_filtered_R.jpg

DSC04535_filtered_R.jpg

DSC04536_filtered_R.jpg


インドアのコーチの中では抜群のフォアハンドを放ちます。
身体が凄くよく回ってるのが分るでしょ?

これで試合の大事なところで力まなければなーw
なんちゃってw
ではまた(^^)。

小金井公園

こんにちはー。
今日も良い天気。みなさんは何をして3連休過ごしてますか?
小旅行もいいですよねー。美味しいものも食べたいし、映画や芸術で心に栄養を与えるのもいいですよね。

僕は仕事ですけどw

昨日はちょっと時間があったので地元の小金井公園まで自転車で遊びに行ってきました。祝日なので親子連れの方々がたくさんいて、遊んでいました(^^)。

小金井公園って桜の並木が凄くて、
「まるで雲海のような」
…感じで見事に連なって咲き乱れる様は圧巻なのです。

桜はまだつぼみが固く閉じていて咲く気配はありませんでしたが木蓮(だとおもう)が綺麗に咲いていましたよー。

P1010936-e_R.jpg

こんな感じ。

P1010929-e_R.jpg

こっちはソフトフィルターかけたやつ。

P1020026-e_R.jpg

クローズアップ。ちょっと露出が暗かったかも。

P1010903-e_R.jpg

昼ごはんに食べたパスタ。
『サーモンのクリームソース』です。
お気に入りです(^^)。



テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

春色の光

てなわけで「個人ブログ再開しました」と書いた手前、こっちも真面目に更新しておこうかなーと。

春になると色々な草花が毎週のようにかわるがわる咲き始め、写真好きの僕は非常に楽しみが増えます。

去年の今頃、道端に咲いた紫陽花を撮影しようとして、思いっきり酷く捻挫したよーな記憶が…。
今年は気をつけますw

太陽の光も冬はなんだかちょっと青みが買っているんですけど、春になると暖かい色合いになって、ちょっとした被写体もより魅力的に感じるのです。

数日前、お昼ご飯を買出しに出かけようと思ったら、いい雰囲気で植木の花に光が咲いていたので数枚撮影。

P1010892_R.jpg

P1010893_R.jpg

P1010895_R.jpg

P1010896_R.jpg

…とまぁこんな感じ。
写真を撮っていると頭が空っぽになってなんだかリセットされるんですよねー。

さ、今日もがんばろうっと。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

事業所対抗団体戦

こんにちは。
このブログに新規に記事をアップするのは実にほぼ2年ぶり。あまりの放置プレイに皆さんに忘れられているのではないかと思われますが…アクセスカウンターを見ると、時々どなたかが来てくれてるみたいでして、申し訳ないです。

んで。
今回久しぶりにアップしてみたくなったのは、皆さんに事業所対抗戦の写真をお見せしたいな、と思ったからなのです。

全部で撮影したのは1500枚ほどなのですが、その中からいくつか選んでweb上にアルバムを作ってみたので、宜しかったらこちらでご確認下さい。

http://picasaweb.google.co.jp/takuma.kobayashi0615/0803Web#

浅野コーチ

こんな感じのカッチョイイのもありますが…

成田コーチ

こんな感じのヒドイのもありますw

ではまた。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

あまりに久しぶり(^-^;

nadal
ちょっとあまりに久しぶりなのでテスト更新してみます。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Takuma

Author:Takuma
中学、高校まではソフトテニスやってました。
そのせいか(?)やっぱりストロークは得意ですw
コーチ歴は20年を超えてしまいました。早いですねー。
使用ラケット:HEAD "YouteK Prestige MID"(G3)
使用ストリングス:Luxilon "Timo 110"
テンション:48ポンド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランダム電光掲示板 ver.なめらか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。