スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんはー。
しかしあれですね。
クリスマスも終わって後はお正月。

テニスの世界もツアーはオフシーズンなのでそっち方面の話題も無し。昼間、K晴コーチとも話したんですが…ええ。ぶっちゃけネタがないですw

そんなこんなですみませんがまたしても好きな本の話など。


マルドゥック・ヴェロシティ〈1〉 (文庫)
冲方 丁 (著)


ヴェロシティ1-3




作者の「うぶかた とう」は3年前、同シリーズの『マルドゥック・スクランブル』で、「2003年 この本が読みたい!」というランキング本でSF部門堂々の1位を獲得。今回の『ヴェロシティ』も面白いです。

全3巻で、まだ2巻の途中なのですが、凄いです。
雰囲気を一言で言うと、
「サイバーパンク世界のターミネーター」
…って感じ。

重力を特殊能力開発手術で任意の方向に捻じ曲げられる主人公ボイルド。普段は皮手袋に姿を変えている金色ネズミのウフコックは数万種類の武器に瞬時に姿を変えられ、銃弾は無限に供給できる…そんな主人公が近未来の退廃した都市世界で麻薬犯罪などに立ち向かい、解決していく中で自分の存在意義を確認していく…そんな話しです。

設定はある意味ありがちな感じですけど、設定とシナリオが絶妙に絡み合い、ミステリーとしても成り立っているし、まるでアクション大作の映画を見ているようなスピーディーな戦闘シーンの描写はなかなか小説ではお目にかかれません。

退廃した都市の雰囲気にはカルト映画の名作『ブレードランナー』にも通じるものがあるかも。

ラストまで一気に読んでしまいそうです。

前作の『マルドゥック・スクランブル』はバロットという女性が主人公でしたが、今回はハードボイルドな男の話。

どちらもお勧めです。

スクランブル1-3

スポンサーサイト

冬かなー

こんにちは。
しかしあれですね。今年の冬は暖かい…とか思っていたんですけどここ2日は一転、寒いですねー。僕らコーチも防寒はバッチリ!です。皆さんも風邪なんか引かないように暖かくして来て下さいね。

冬場は身体の動きが鈍くなりがちで思わぬ怪我もしやすいです。気をつけながらテニスしましょうね。

スタッフの方では冬場対応メニューで出来るだけ暖かく、楽しくテニスできるように配慮しています。実はこのメニュー表、毎月、大まかな打ち合わせはS村コーチと相談していますが、実際に作るのは僕なのです!毎月どうすれば楽しくテニスをしてもらえるか、上達してもらえるか、スタッフに伝わるのか…これでも結構悩みながら作ってるんですね。

毎月必ず作っていますから、なんだか連載を抱えた作家のような気持ちになることもあります。パパッと数時間でまとまる時もあれば、1週間ぐらいあれこれ考えたり、ご飯を食べながら「ピーン!」と来てアイディアを急いでメモに残すこともあります。

ちょっと大変なんですけど、悩んだレッスン内容で、会員の皆さんが喜んでくれれば苦労も吹っ飛びます(^-^


   ◆   ◆   ◆

ちょっと話しは変わって小説の話し。
作家の村上春樹氏は昔からのファンでして、翻訳家でもある氏は外国の若手作家の作品をしばしば出しています。

ちょっと前に出たのがこれ。

『グレート・ギャッツビー』

グレートギャッツビー


村上春樹の本でおそらく1番売れたのがかれこれもう20年前ぐらいの『ノルウェイの森』だと思うんですが、そのお話しの中で、主人公が繰り返しその作品を読んでいる描写が出てくるのです。

作者の村上氏も『無人島にもしも1冊だけ持っていくとしたら、迷い無く『グレート・ギャッツビー』を選ぶとおもう」なんてあとがきで話していたりしたので、その昔、興味をもって他の翻訳家の『~ギャッツビー』を読んでみたこともありました。

でも、どうも正直な話、面白くない。
なんというか吹き替えの映画を見て、その台詞と原作が随分違う雰囲気を出してしまっているような、どうも一番大切な要素が綺麗さっぱりない、そんな印象なんですね。

「なんでこの作品を村上春樹はそんなに評価するのかなー」

…と疑問に思った僕は英語の原書を…読もうとして挫折しました(笑)。とてもじゃないけど高校生に読めるような単純なものじゃないのですね。

で、随分長い間、この『グレート・ギャッツビー』は僕の中では、
「お洒落な感じはするけどなにがなんだかわからないトン知己騒ぎのお話し」
…という酷い評価でした。

んでここで村上春樹がついに自身で「グレートギャッツビー」を翻訳して最近出したのです!コレは読むしかない!と思ってすぐ買いました。

…最初の数ページを読んだだけでこの作品の魅力が理解できました。
なんだろう。村上春樹はこの作品をこう読んでいたのか!と本当にビックリです。歌のようにリズミカルな文章。直接的ではなく、間接的かつ複合的な語彙を持たせた内容。どことなくせつなくて孤独感のただよう、でも素敵な文章なんですねー。

一読して、村上春樹氏が「1番好きだ。最も影響を受けた」というのが分かります。

だってあれだもん。
村上春樹のデビュー作。
「風の歌を聴け」って「グレートギャッツビー」へのオマージュなんですね。

面白かったです。

いつもながらマニアックな内容でごめんなさいw

お詫びに写真数点。

●灰皿:この前のお休み。好きなイタリアンレストランにてパチリ。
タバコと灰皿


●渋谷にて:こういうごちゃごちゃした絵は白黒が似合います。
渋谷にて


●窓際の飾り:青くてまるっこいのは北海道に行った時に小樽で買ったフォトスタンド。綺麗で気に入ってます。
窓際の飾り



ではまたー!

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

風にご用心

しかしあれですね。
風邪。流行ってますねー。

2週間前には僕。次に志村HCもダウン。
僕らコーチって1日外で動き回ってるから風邪のウィルスにも感染しやすいのかな?

外から帰ったらうがい。
食事前には手洗いと気をつけていたんですけどね。
今回の風邪はセキが酷くて苦しみました。
ご用心してくださいね。

●昨日行きつけのお店で食べた柿
 一人暮らしで栄養が偏るので、果物や野菜、魚なんかをつまみに出してくれます。

柿


●旅行の時に友達に買ってもらったグラス
 …もう割らないでね?w

グラス


●プレゼントの箱のモチーフ
 …ガラスの置物は僕も好きです。

プレゼント

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

雨上がり

雨上がりのコート


雨、上がりました。
昼前からしとしとと降ったり止んだりでしたけど、ついさっきから綺麗に止んでます。

ナイターは出来そうかな?
コートも水溜りもないしこの後降らなければ大丈夫そう。

でも気温はかなり低い!から暖かくして来て下さいね。


テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

北海道行って来ました

タクマです、こんにちは。
またしても久しぶりの更新になってしまいました。

さてさて。
先週の週末、お休みを頂いて北海道に友人と旅行してきました。
高校まで北海道で暮らしていましたから、帰省もかねてのんびりしてきましたよー。

初日、札幌に着くや否や市場に直行!
新鮮な食材でお昼ご飯。
普通に頼むホッケが美味い~!
イカ刺しが透明なんです~!
とか思いながら締めに「いくら丼」。
ええ。イクラは大好物なんです。
あれさえあれば幸せですw

その後、小樽に足を伸ばして小樽運河を観光したり、お寿司を食べたり。夜はやっぱり飲みに行きましたけどねw

そのときの写真を幾つかアップしておきますね。
人物の写真は…あぶなくて載せられません。

ではまたー。

雲海


いくら丼


お寿司



牧場


白樺

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Takuma

Author:Takuma
中学、高校まではソフトテニスやってました。
そのせいか(?)やっぱりストロークは得意ですw
コーチ歴は20年を超えてしまいました。早いですねー。
使用ラケット:HEAD "YouteK Prestige MID"(G3)
使用ストリングス:Luxilon "Timo 110"
テンション:48ポンド

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ランダム電光掲示板 ver.なめらか
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。